プラリネブラン、レヴィア(ReVIA)カラコンレポ・ローラ

2019年10月24日レヴィア|ReVIA13.6mm, UVカット, デカ目, ブラウン, 低含水, 太フチ, 高含水

プラリネブラン(Praline Bran)レヴィア(ReVIA)とは、ローラさんがイメージモデルを務めるカラーコンタクトレンズです。太フチデザインでしっかり盛りたい時に重宝できると人気のカラコンです。

購入レビュー

こんにちは!
Lens Bank(レンズバンク)です。

<デザインのポイント3点>

  1. オレンジカラーにふんわりダークブラウンカラー
  2. リアルな虹彩模様の柄とフチを組み合わせた
  3. 輪郭には濃いめのしっかり太フチ

<5つ星評価

ナチュラル度☆☆☆☆
ブランド力☆☆☆☆☆
おすすめレベル☆☆☆☆

大きさと度数

引用元:www.revia-cl.jp

カラーバリエーションは全10種類です。値段は1,560円なので割と安いです。

使用期間ワンデー
定価(税抜き)1,560円(1枚156円)
入数1箱10枚入
直径/DIA14.1mm
着色直径13.6mm
カーブ/BC8.6mm
度数0.00~-10.00D

カラコンレポ

・パッケージ

オレンジカラーにふんわりダークブラウンカラーが覆いかぶさったデザインです。

・レンズの拡大

2トーンの暖色系の配色が派手過ぎないブラウン(Brown/茶色、濃褐色)系カラーです。

色素の発色

カラー部分は、着色直径が中くらいサイズで、内径が小さいリアルな虹彩模様の柄とフチを組み合わせたベーシックなカラコンタイプデザインを採用しています。

・白い背景で撮影したレンズ

フチ有りデザインの着色部の輪郭には濃いめのしっかり太フチをほどこし、明確に黒目を引き立たせることで、くりっと可愛い瞳にしてくれます。

・黒い背景で撮影したレンズ

発色は強めでドットがぎっちり詰まっているため、鮮やかなギャル系レンズに仕上がっています。

着色直径

公式サイト上では「着色直径13.6mm」となっています。

・レンズを定規の上に置いて測定

13.6mm程の着色直径が測定されました。これは、瞳よりちょっと大きな標準的なサイズです。

<着色直径の体感の目安>

瞳の大きさ11mm~12mm
裸眼風12.0mm~12.9mm
ナチュラル13.0mm~13.6mm ←ココ
盛れる13.7mm~14.5mm

バレないで盛れる?

瞳の外側が濃い目の着色になっているため、しっかり変化するエッジのデザインです。

・瞳に重ねた時のイメージ(黒丸は12㎜)

体感はそのまま、しっかり盛れる印象です。

口コミと着レポ

素敵なカラコンレポをまとめました。

感想のまとめ

  1. オレンジカラーにふんわりダークブラウンカラー
  2. リアルな虹彩模様の柄とフチを組み合わせた
  3. 輪郭には濃いめのしっかり太フチ

プラリネブラン(Praline Bran)レヴィア(ReVIA)は、装用することで表情豊かでドーリーな目元が完成します。

この目元で周りを魅了する愛らしい個性を作り出しましょう。

おすすめはこんな方

  • 周りに差をつけたい個性派の方
  • ナチュラル系じゃあまり変わらないなという方
  • 太フチカラコンをお探しの方
  • ナチュラルさを残しつつ盛りたい方
  • ディファインは嫌、普通も嫌という方
  • カラコン宇宙人を卒業したい方
  • ナチュラルハーフなカラコンをお探しの方
  • 瞳の色の変化を楽しみたい方

…にお勧めできます。

おすすめの使い方

  • 太陽にあたっても自然に見せたい時
  • カラコンをシーンで使い分ける時
  • 流行に左右されたくない時
  • 今日はいつもと違う自分になりたい時
  • 気分を上げたいをいう時

…にもお勧めできます。

公式サイト

・オフィシャルブランドサイト

http://www.revia-cl.jp/1day.html

・オフィシャルオンラインサイト

https://www.candymagic.jp/fs/cm035814/c/revia1day

【処方箋なし】ネット通販サイト


使用期間ワンデー
定価(税抜き)1,560円(1枚156円)
入数1箱10枚入
直径/DIA14.1mm
着色直径13.6mm
カーブ/BC8.6mm
度数0.00~-10.00D
含水率58%(高含水)
UVカットあり(UV-A:50%、UV-B:95%)
うるおいなし
レンズ製法キャストモールド製法
着色面まぶた側
製造国台湾製

プラリネブラン(Praline Bran)レヴィア(ReVIA)

以上、カラコンレポでした。とっても人気のカラコンなので、ぜひ使ってみてください◎

全色レビューはこちら